上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
この週末の土曜日は、妻が義母と観劇にお出かけ。。
久しぶりに自転車に乗ろうと思ったが、天気がイマイチで断念。
夜は妻の実家で義父とプチ宴会。
週末の恒例行事化している。

そして日曜日。。。妻の実家ならケーブルテレビがあるので、
「阪神vs中日」を楽しみにしていたが、雨で中止。。。
ほんとに何もしないのんびりした週末だった。。


◆9/11HAWAII。。。ハワイ島2日目◆
06:00起床。
今日は、ボクにとってハワイ島での最大目的「ハワイ火山国立公園」の観光日だ。
ようやく慣れだしたレンタカーに乗り、100マイル先を目指す。
慣れてきたといっても「左ハンドル」「右車線走行」は、新鮮で面白く、
僕の中では運転しているのが楽しくて仕方が無かった。
途中、真っ黒の砂浜に立ち寄り、溶岩の粉末を手にする。。。「黒砂海岸」まさに名のとおりだった。

そしてやっとやっと目的地に到着。
ビジターセンターでは、ビジターの方に役立つ情報入手でき、
また展示物やキラウエア火山に関する映像を見ることが出来る。。。しばし休憩。
チラ見程度だったが、時間があるなら映像をじっくり見たいものだった。
日本じゃないから、飛び交っているのはもちろん英語だし、
掲示板にも英語。。。ボクはさっぱり判らないため、解読は全て妻に任せる。
こぼれ聞こえたトコによると、「昨晩は綺麗に見えた。」と、ドロドロ流れる赤い溶岩に期待を膨らます。
ここで公園内のマップを入手し、それから出発。

最初に訪れたのは「ハレマウマウ火口」。
ハレマウマウ火口は、キラウエア・カルデラの中にぽっかりあいた火口。
P9120244.jpg

この場所は、火の神 “ペレ” が住むと言われ、ハワイの人たちにとってとても神聖な場所となっているらしい。
蒸気や噴煙、そして圧倒される大きさのカルデラには感動した。
カルデラを1周する「クレーター・リム・ロード」にあるいくつかの展望台を周遊し、国立公園内でも一番行きたかったところ。。。
「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」を目指す。

この道にも、展望台も多数あり景色のいい道だった。
「チェーン・オブ・クレーターズ・ロード」は、途中で溶岩に覆われて行き止まりになっている。
P9120257.jpg

行き止まりとなったところからは、道路を覆う真っ黒でゴツゴツした溶岩が広がる大地の上を歩く。
どうしても赤く鈍く輝く溶岩。。。これが観たいのだ。
道中は、道路標識も埋もれていた。
P9120261.jpg

2マイルくらい歩いただろうか。。。
溶岩が流れ落ち、海からのあがる水蒸気はまさに必見。。。
そもそも溶岩の上を歩いていること自体が、あり得ない事だが、
あまりの暑さに徐々にうなだれている時に、目に入った景色だけに、
ここまで我慢して歩いた甲斐があるというものだった。
P9120272.jpg

生きている地球を体感できた。
まさにスピリチュアルの島と言えるだろう。

行き止まりの近くの海岸に「ホーレイ・シー・アーチ」がある。
海に流れ落ちた溶岩が波に侵食されてできたもので、海に張り出した不思議なアーチだ。
何もかもが絶景で、感動の連続の「ハワイ火山国立公園」だった。

気が付いたら16:00だった。。。昼飯がまだ。。。
ガイドブックにあったヒロの「Ken's House of Pancakes」でロコモコを食す。
ハワイに来てやっと本場のロコモコを食し念願が叶う。

今日はハワイ島を一周300マイルの旅だった。
スポンサーサイト
 
最近では「パソコンへお茶をこぼした。」だの、
事務フロア内への飲み物の持込みを禁止している会社もたくさんあるだろう。
ボクの会社も、条件付禁止令がでている。
条件って???
それは、蓋が付いている飲み物はOKってこと。
すわわちペットボトル等はOKということになっている。

そんな中ボクは、STARBUCKSで購入したタンブラーを使っている。
これはしっかりした蓋も付いているし、何といってもオシャレ。
って勝手に思っているのだが、持ち運びも便利なんですよ。
しかもSTARBUCKSで珈琲を買うと「20円OFF」になるのだ。
日常は、社宅を出る前に妻が入れてくれた珈琲を注ぎ、出勤。。。
会社では、NESCAFE GOLDBLENDのインスタント珈琲を入れてお仕事。。。
ボクは春夏秋冬とおしてホット珈琲が好きなんですよ。。
タンブラー大活躍!!

と言いたいところだが、通勤途中にカバンから落としてしまいヒビが。。。
 
昨日は、同じ社宅に住む会社同期夫妻とボクの妻とで久しぶりに飲みました。
割と混んでいて、座敷に回された。
その座敷には、最初はお客がいなかったのだが、
時間が経つとともに徐々に人が集まり始めた。
気が付けば我々の周囲には、30名くらいの大群が。。。
幸いだったのは、みんな人のいい学生で、狭いスペースで飲んでいるにもかかわらず、
我々に対して本当にたくさん気を遣ってくれた。
学生達がのびのびできるよう、我々は席を譲り、テーブル席へと移動したのだ。
挙句の果てには、「ありがとうございます。何か1品いかがですか?」ときた。。。
嬉しいが30過ぎの我々には、ちゃんちゃらおかしかった。

さ、明日の仕事が終われば、金曜日の夜出発でプチ旅行だ!。
行き先は、西の方。。。それしか決めていない。
行き当たりばったりの旅。。。そんな旅があってもいいはずだ。


◆9/12HAWAII。。。ハワイ島3日目◆
今日は普通に起床し、昨日に引き続き朝食バイキングを楽しむ。
昨日は洋食にしたので、今日は和食。。。ご飯に味噌汁。
ここにきて、やっぱり食べたくなってしまった。
お腹を充分に満たし、ハワイ島東部にあるヒロに買い物へと向かう。
もっぱらハワイらしいお土産の散策だ。
でもその前にヒロまでの通り道にある「アカカの滝」に立ち寄った。
この滝は和歌山にある那智の滝に大きさといい雰囲気といい、ホントによく似ていた。
ガイドブックから伝わってくる迫力を体感できた。P9130288.jpg


そして本日メインのお買い物ツアーが始まった。
まずは妻がどうしても行きたいという「ビッグアイランドキャンディー」だ。
ホノルルに1店だけ支店があるらしいがチョコレートはここでしか売っていないとのこと。
ボクはたいして興味がないので工場見学を楽しむ。
女性というのは、よくわからない生き物だ。。。
男なら、例えばABCストアーでお土産を買い揃えようと思えば何とでもなるのだが、
「この人にはコレ、あの人にはアレ。」と1軒じゃ終わらない。。。
ま、いろいろ頑張ってもらったからヨシとするか。
P9130308.jpg

その他「ヒロハッティ」やらで買い物(お土産探し)を黙々とこなし、
ここまで来たらやっぱり「ロコモコ」。
またまたガイドブックに載っていた店「CAFE100」に向かった。
一番安いロコモコは、2$で食べられるから驚きだ。
でもせっかくだから、ハンバーグをダブルにして、スパムも付けて。。。
そして最後は目玉焼きもダブル。。。でも6$くらいだった。

そしてこの最後の観光地、ワイピオ渓谷に向かった。
キラウエア火山もそうだが、ここも本当はヘリコプターから観るのがお勧め。P9130333.jpg
展望台から絶景が望めるものの、数百メートル級の滝とかは、展望台からは観えない。
時間と金があればヘリに乗りたかったと、展望台に着いてから思った。

今夜も部屋の近くのバーでハワイアンソングを聞きながら、
この旅での最後の晩飯をいただく。
 
ブログをサボってしまった。。。
というわけではなく、妻とかるく旅行してきたのだ。
またまた旅行記になるが、ツラツラと書きたいと思う。


◆10/6.7。。。静岡1、2日目
(1日目)
会社を19時に退社し、そのまま直接熱海に向かった。
出発に合わせて、妻は会社まで来てくれた。
熱海には、妻の親が所有しているマンションがあるため、一応、タダ。。。
夜のうちにここまで来ておくと、翌日の渋滞の心配をしなくていいから、
だいたいいつもこの作戦で旅に出る。
近所のスーパーで適当に買い物し軽く飲んで温泉に入り寝るのが旅の日課だ。

(2日目)
渋滞を避けるために熱海まで来て前泊した。。。
妻の体調が思わしくないため、のんびりと出発する。
まずは沼津に向かい、寿司を食す。
昨年も来たが、今年も同じ店「魚がし鮨」で近海魚の盛り合わせを頼んだ。
これが1,900円でたらふく食べられるのだ。PA070367.jpg

そしてボクも初体験だが、妻の運転で西へと進む。
今晩は義弟の家に泊めてもらう予定。
それまでに時間はまだまだあるから、もっと西へ向かう。
まず向かったのは「日本平」。
サッカーの清水エスパルスのホームタウンだ。
エスパルス一色に染まった街を抜け、日本平へ向かう。
妻の緊張した顔を横に見ながら。。。でもなかなかペーパードライバーの割には安心して乗れた。
妻のおかげでボクはしばし休憩。。。
日本平はそんなに高くないが景色は綺麗だった。
天気がよかったせいか、富士山もしっかり見れた。PA070380.jpg
その後「三保の松原」に向かい、松林の中を散策する。

それでも時間が余ったので、ボクの変な趣味に妻を付き合わせる。
都会では味わえない「新幹線の全力疾走」を観たかったのだ。
で、新富士駅で入場券を買って、30分くらいホームでのんびり新幹線が通過するのを眺める。PA070402.jpg
妻は呆れていたが、ボクには本当に楽しい時間だった。
時速300㎞で通り過ぎる新幹線の迫力は、ちょっと恐怖心を覚えるほどの迫力があった。
これは東京や大阪に住んでいても経験できないのだ。

夜は、義弟が富士に住んでいるので、宿泊させてもらう。
同業他社に勤めているし、義弟と言いつつもボクより年上だし。。。頼りがいのあるお兄さんだ。
義弟の彼女と4人で、近くの居酒屋で軽く飲んで、部屋で宴会。。。
結構飲んだなァ~~。。。
 
昨日は職場での飲み会だったため、今日は控えめに。。。
昨週の静岡での旅で、美味しそうな手打ち蕎麦を買ってきたので、
今晩は、その蕎麦を食べたが、予想どおり美味しかった。
蕎麦って本当に昔から。。。小学生の頃から好きなのだ。
小学6年生の時だったか、北海道を旅した時に、毎昼に蕎麦を食べた。
両親はもっと美味しいものを食べたかっただろうに。。


◆9/13HAWAII。。。ハワイ島4日目◆
550マイル。。。
そう、ハワイ島での走行距離だ。
特にキラウエア火山に行った月曜日は本当によく走ったものだ。
左ハンドルにも右車線に違和感がなくなった頃に旅は終わりを迎える。
飛行機がハワイ島を後にする。「ビッグアイランド」。。。
大地に、空に、人々に。。。ホント様々な角度から体験できた。

気が付けば空港にいた。。。
P9140359.jpg

帰りの飛行機では映画を楽しむ。
国際線の利得。。。日本公開前の映画が先行して観れた。
しかも帰りの飛行機は最新機体のおかげで、観たい時間に観れるのだ。
何を観たかっていうと。。。「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」。
レーガン大統領を暗殺者の魔の手から救ったこともあるベテランのシークレット・エージェントが、
大統領暗殺計画の汚名を着せられるサスペンス・アクション。
主人公のシークレット・エージェントに「マイケル・ダグラス」、
主人公に疑いを抱く調査員に「キーファー・サザーランド」と豪華競演だ。
先の読めないスリリングなストーリー展開と、「ダグラスvsサザーランド」の手に汗握る競演は見ごたえ十分だった。
わりとお勧めの映画に入るだろう。

というわけで、オアフ島、ハワイ島のあっという間のハワイだった。
ま、何はともあれ6泊8日のHAWAII旅行が無事に終わったのだ。
日本が大好きなボクでさえ、お金が続くのであれば、毎年海外旅行したいものだと改めて実感した。
次はいつ行けるかなァ。。。そんなことを楽しみながら日々の満喫しよっと。
 
木曜日は、相変わらずだが「会社同期M」と寄り道した。。
もちろん「庄や」だ。
ボクはなんとか終電で帰ったが、同期は電車で寝てしまい乗り過ごしたらしい。
降り立ったちょっと田舎の駅の上りホームにいた駅員に「電車はもう無いよ。」と言われ、
何も疑いもせず改札を出たらしい。
家に帰るのに乗らなきゃいけない下り電車は、まだ終電があったのに。。。
上りホームにいた駅員は、「上りが無い。」という意味で親切で伝えたんだろうが。。
「絶対に終電はあるよ。」と伝えたボクの言葉より、彼は駅員を信じた。
知らない駅だったのか、彷徨って歩いていたら家と反対方向に歩いていることに気が付いた。その時には既に迷子状態だったとか。。。
タクシーも拾えず、帰宅した頃には太陽が昇り始めていたという。
恐るべし!
ってなわけで、徹夜で会社に来ていた。。。

そして今日は、妻が飲み会に出掛けている。
ボクは、妻の実家に向かい、ご飯を食べ、義父と軽く宴会を。。。
義弟も帰ってきたので、ちょっとした宴会だった。


◆10/8。。。静岡3日目◆
ひどい二日酔いだった。。。
結局、義弟の家を出発したのは、11:00だった。
大体この地を訪れた際にいつも立ち寄るのが、「由比」だ。
由比は言わずと知れた桜えびの産地。
桜えび館というのが街中にあるのだが、ここは良心的な値段でおいしい桜えびのかき揚げを提供してくれる。
それだけに行列が絶えないのだ。
5月に訪れた際は、なんと2時間30分待ちだった。
それでも食べたいほど、美味しいのだ。
お好みで蕎麦にしてもよし、うどんにしてもよし、丼にしてもよし。。。
ボクは贅沢にも、蕎麦と丼の両方を平らげた。。
いつもならペロリと食べられるのだが、この日はなかなかヘビーだった。
二日酔いだったから。。。

その後、日本平の南側に位置するイチゴ街道をドライブ。。
これでもか!と言わんばかりに、イチゴ摘みの店が建ち並んでいた。

静岡県最南端に位置する御前崎に到着したのは、15:00。
天気がよく、ここから富士山が見えるとは思ってもみなかった。
富士市にいても見えない日が多いのに。。。かなり運がいいと言えるだろう。
風が強かったせいか、展望台では波が覆い被さって服が濡れてしまった。
張り切って波打ち際まで行った自分が悪いのだが。。。
その後、灯台に登り丸く観える地球をしばし傍観する。PA080404.jpg

牧ノ原の茶畑をドライブし、静岡県にいるんだなァと実感する。
静岡といえば「お茶」というのは、頭には入っていたものの、
ここまで茶畑があるかっていうくらい、広大な大地に広がっていた。PA080436.jpg


夜は島田市に宿泊する。
小さな街だからか、駅前のビジネスホテルはガラガラだった。
軽く飲んで、翌日の旅へと備える。。。
 
昨日は、妻と会社先輩宅にご招待された。
パルコのWINEショップで、赤ワインを購入。。。
先輩宅までは、電車で30分ほど。。。
駅まで迎えに来てもらい、早速お宅を訪問する。。
玄関先には、ウェルカムボードが飾られており、ドキドキした。
部屋は素晴らしいの一言で片付けるには、申し訳なかった。
わかりやすくいうと、モデルルームというのが伝わるだろうか。
部屋全体は、白で明るく統一されていた。無駄なものが一切無く、
広々と、そして明るく部屋だった。
バルコニーにいたっては、端から端までボクの足で27歩あった。

タイトルにもあるとおり高層マンション。。。
部屋は21階なので、景色が早く観たいと思いが募る。。。
PA140520.jpg
ちょうど綺麗な夕陽が観れた。

その後は、先輩の奥さんが作ってくれた手料理を美味しくいただく。
サプライズは、メニュー表が手作りされていたことだ。
本当にお店にご飯を食べに来た感じだった。

日が暮れると夜景が綺麗だった。
PA140536.jpg



今日は、妻と軽くお出掛け。。。
まずは、美味しいラーメンをということで、横浜にある「くじら軒」に向かった。
時間が時間だっただけに、ほとんど並ばずに食べられた。
煮干し、昆布だしがきいた透明感のある上品な味わいが何とも言えない。

その後、港北IC近くにある「IKEA」に向かった。
「巨大な家具店」「混雑」。。。このふたつしか情報が無かったが。。。
それはそれは、すごかった。
確かに豊富な幅広い品揃えと、低価格、そしてユーモアのあるアイテムが並んでいた。。。
しかし、それ以上に人が並んでいた。
っていうより、どっかの博覧会に来て、パビリオンに並んでいる感じだった。
要は、見たいものがあっても、なかなか自由に横道に逸れることができないのだ。
もうちょっと空いていればいいのだが。。レジも30分くらいは並んだだろうか。。。
ちょっと疲れた。。。
 
HAWAII紀行もそうだったが、この静岡紀行も書くのに何日かかったことやら。
しかし、これで溜まっていたものがようやく無くなった。
日常生活のブログにようやく戻れる気がする。


◆10/9静岡。。。4日目◆
7:00起床。
この旅で一番楽しみにしていたのが、本日の目的地「寸又峡」だ。
大井川と寸又川の合流地点から上流約20kmにかけ、深く切り込んだ谷が続き、
その中を大井川鉄道が走っているのだ。
電車も走っているが、何と言っても「SL機関車」だ。
週末は1日2往復している。PA090495.jpg
本当は乗りたかったのだが、日帰りスケジュールだと寸又峡でのんびり散策できないのだ。
ってなわけで車で寸又峡に向かった。

寸又峡温泉から夢の吊橋までを結ぶ遊歩道「寸又峡プロムナード」を歩く。
この寸又峡散策のメインは、大間ダムが造り出したダム湖の上流にかかる二枚板を連結させた「夢の吊橋」。
水面からの高さは8m、長さは90mあり、歩く度にゆれてスリルがあった。PA090460.jpg
それよりも何よりも、一番感動したのは、
周囲の緑とコバルトブルーに映える神秘的な川面が創り出す景色。
こういう景色の為に「神秘的」という日本語が創り出されたのだと思う。

寸又峡プロムナードの途中には、もうひとつメインがある。
深い渓谷に架かるアーチ型の「飛竜橋」で、高さは100m。
「夢の吊橋」はスリルと景色が楽しめたが、こちらはスリルというか緊張感を超えた恐怖感が芽生えた。

これで一応、この旅の観光は終了。。。
帰りには焼津港に立ち寄り、寿司屋で「づけまぐろ丼」を食した。
妻は、なめろう風のまぐろ丼と食していた。
千葉県では「鯵のなめろう」が有名だが、妻から一口もらったがそれと似た味だった。
一応、マグロといえば「焼津港」というだけあって美味しかった。
自分の中での価値観が、マグロに対して10ポイントくらいは与えたかな。

焼津からの帰り道は、最悪だった。
15:00に出発。。。御殿場から渋滞60Km。。。
家に着いたのは、21:00だった。。。参りました。
 
タイトルに恐れ多くも「禁酒」と書いてしまったが、
日曜日から禁酒というか、ちょっと休肝日にしている。
迫り来る土曜日に、人間ドックが控えているからだ。
いつもどおりに生活して受診しないと。。。という声もあるが、
少しでも努力をしてみる。
昨年、30歳になって初めての人間ドックを受診したが、
別に世間が言うほど、バリウムに抵抗も無かった。
だから別に人間ドックがイヤって事はないが、
昨年。。肝臓がちょこっと引っ掛かった。
今年はどうなるだろうか。。。
特段の摂生した生活を送っていないから、自身はまるでナイ。

今日は飲みの誘惑に、勝ったのか負けたのか自分ではよく判らないが、
何かに引き寄せられるように真っ直ぐお家に帰ってきた。

当たり前。。。って隣から重い言葉が飛んできた。ウッ。。
 
禁酒して6日目の晩を迎えた。。
会社同期の誘いに何度も決心がぐらついたが、なんとか金曜日まで来た。
やればできるものだ、と自分でもちょっと驚いている。。
平日に5日連続も、寄り道をしないでまっすぐ帰ったのは、結婚して初めてかもしれない。
いや間違いなく初めてだ。
今日は既に食事を摂り、明日の人間ドックに備える。。

そしてそれが終われば、飲み会だ!禁酒解禁だ!
そ、人間ドックが終わったら早速夕方から飲み会なのだ。
高校時代に札幌で同級生だった旧友が、仕事の関係で東京に出てくるのだ。
平成13年の夏に会ったのが最後だから、5年ぶりになる。
これは、楽しみなのだ。
親の都合での転勤、自分自身の転勤やらで、小中高を卒業した札幌には、
実家があるわけでもないから、その世代の友人が少ないのだ。
ホント札幌時代の数少ない旧友だ。。。
 
最近の人間ドックは早いのか、8:15分受付で、
医者の考察を受けても、10:30頃には終わった。。
結果は。。。今年もやっぱり脂肪肝だった。。。
予想どおりとしか言いようが無い。。
あとは、脂質代謝が若干数値高め。。。
すなわち、体内がデブデブということだなァ。
しかし、その他、肝機能数値も含めて特に問題なし。。。
健康なのだが、典型的なメタボ君一直線って感じだろうか。。
身体の中から、ダイエットしないと。。。


さてさて、そんな結果を知りながらも今日は飲み会だった。
卒業してからもずっと連絡を取っておいてよかったと思える瞬間だ。
「丸くなったなァ~~」っと会った早々に言われた。
旧友からすると、久しぶりだからそう感じてもおかしくは無い。

しかし久しぶりに会う友達は、本当にいいものだ。
大学時代の友人よりも会える環境にないから、
会ったときの楽しさが、また一味違う。。
自然と聞こえてくる北海道の方言が、ボクを心地よくさせてくれ、
昔の想い出がフラッシュバックしてくる。
うまく書けないが、本当に楽しい時間だった。
勝手ながら、また出張で東京に来てほしいものだ。。
 
禁酒解禁の第1営業日。。。
もちろん「会社同期M」と庄やに寄り道。。。

さてさて、読書の秋。。。

なにぶん本を読む習慣が皆無に近かった僕は、
乱読ができず、のんびり1ページ1ページじっくり読んでいる。
なんで、なかなか進まない。。。まして通勤時間しか読まないし。。
しかし、ここ最近読んでいた、あさのあつこの「バッテリー」がいよいよ最終局面を迎える。

今、マイブームなのが、もう読み終わったが、
村山由佳の「天使の卵」だ。
10/21の土曜日から映画が公開された。
社宅の草むしりやら、妻との買い物やらで映画館にはまだ足は運んでいないが、
予告編をネットで見てみたが、イメージどおりの作品となっていた。
本当に早く小西真奈美が演じる『春姫』にスクリーンで逢いたいものだ。。。

日曜日には、この「天使の卵」から10年後の経過した主人公達の続編。。。
「天使の梯子」が2時間ドラマで放映された。
映像の世界では、10年という時間の早いこと。。。。

で、ボクの状況は、
 「天使の卵」・・・本:読んだ     映画:観ていない
 「天使の梯子」・・本:読んでいない ドラマ:観ていない

なんで、
 ①「天使の梯子」の本を読んでから、「天使の梯子」のドラマを観るべきか。
 ②「天使の卵」の本は読んだから、「天使の梯子」のドラマを観てしまってもいいものか。
 ③「天使の卵」の映画を堪能してから、「天使の梯子」のドラマを観るべきか。。。
 ④「天使の梯子」の本を読んでから、「天使の梯子」のドラマを観るべきか。。。

結論なんかそうそうに出やしない。。。
悩んだ挙句、ビデオを録画してゆっくり考えることにした。

今は、こんな些細なことがボクの唯一の悩みだ。。。ショボ。。。
 
今日の午後、会社で避難訓練があった。
もちろん予告済みだから、動揺するわけではないが、
いざ、サイレンが鳴ると少し緊張感が走る。。
というか、あの馬鹿デカイ音に、耳がおかしくなりそうになる。
訓練だから混乱を避けるために、「○○階の人は、避難してください。」と、
各階に時間差を設けて階段を降りていく。
ボクのフロアは11F。。。降りるだけでも一苦労だ。
内臓脂肪のためにも、爪先に意識を傾注し、一歩一歩降りていく。

外では寒い中、消防署の方の講評に耳を傾ける。
「皆さん、和気藹々と階段を下っていただき、ご苦労様です。
 この避難時間では、ほとんどの方が、煙に巻かれていることでしょう。。。」
と嫌味を言われながら。。。
確かに緊張感は全然無かった。。。

というか、本当にそうなったら、各階が時間差で降りれるわけでもないし、
かといって、訓練ではそこまで危険を冒してまでやらないだろうし。。。
自分自身の取り組み姿勢もなんだが、こんなんでいいのだろうか、と疑問になる。
 
昨日は、妻の元会社の同期会にボクも招かれた。
職場結婚のボク達。。。姉さん女房の妻。。。
すなわち。。。「妻の同期全員=ボクの会社上司」となるのだ。
特に気を遣ってお酒がまずくなるというメンバーではないので、
楽しかったが。。今朝は二日酔い。。。


隔週木曜日は、社員食堂でバイキングが楽しめる。
明朗会計で、「1㌘=1円」なのだ。。。
ちょっと二日酔いだったし、身体の事を考えて控えめにしようと思い、
 炊き込み御飯。。
 キムチ風焼きうどん。。
 鳥の唐揚げ。。
 ほうれん草入りコロッケ。。
 キノコ入りふんわりオムレツ。。
 ポテトと明太子のペンネグラタン。。
 サラダ。。
をホント少しづつ。。少しづつ、トレーに盛っていく。。。
食べ過ぎないよう400㌘位と考えていたのだが。。。
なんてことは無い。。。500㌘だった。

しかし、その「500㌘」という数字は唯一のラッキー数字であり、
「ピッタリ賞」というのがあって、全額タダになる。
1㌘でも超えるともちろん、そのグラムに応じた金額を払わなければいけないのだ。
過去には502㌘で、涙を呑んでなくなく払ったこともある。。。
ちなみに、
 小さじ1/5杯
 パスタ3/4本
 米8粒
 1円玉
これらがだいたい1グラムである。

今日は、本当にツイていた。。。

 
昨日は不定期開催の同期会のため、終電で帰ってきた。
やっぱり仲間で飲む酒は、ウマイ。。
同じ本社に同期がいるというのは、嬉しいものだ。
楽しかった代償。。。今日の午前中は、ぼんやりでした。
昼からも読書でのんびり過ごす。

さて、今から義母の還暦祝いのためお出掛けです。
お出掛けといっても、車で数分のところにある実家に行って、
妻をはじめとした子ども達が準備した料理を食べるというもの。。。
今日も結構飲んじゃうかもしれないなァ~。。
では、行ってきます。
 
今日は映画を観に行く予定だったが、そういう気分にはなれず。。。
自宅のPCで映画を観た。
それは、11/3公開の「手紙」だ。
先週、懸賞で応募したGyaOの無料試写会が当選したのだ。

東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。
殺人という大罪を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を追う展開だ。

とても考えさせられる作品だった。
罪は被害者だけに対するものではなく、加害者の家族に対する罪もあるのだと実感した。よくある片側だけからの見方ではなく、被害者・加害者の両方の気持ちがよく表されていた。
兄弟の絆はもちろん、血のつながりを超えて結ばれた夫婦が家族を築き、守る姿にも心を動かされた。
重いテーマでありながらも、随所に笑いを盛り込んだ内容のため最後まで観やすかった。。。
最後はもちろん。。。なみだ。。ナミダ。。涙。。。
正直言って、感動でした。
小田和正の歌もナイスなタイミングで泣けた。
 
昨日スーパーで美味しそうな秋刀魚が売っていたので購入。
札幌に住んでいる頃は、よく秋刀魚を食べた。
札幌だからなのか、僕が好きだったからかは判らないが。。。
小さい頃(といってもなぜか23歳まで。。)は、刺身が食べられなかったから、
焼き魚が本当に好きな子どもだったのだ。
しかもそれを綺麗に皮だけを残して食べることが、ステータスだった。

今もそれだけは、変わらない。。。
よくカニを食べていると、食べていることに夢中になり会話が無くなるとは言ったが、
まさにボクの焼き魚を食べているときは、それに該当する。
骨を一本一本丁寧に取り、骨についた身もまた丁寧に食べる。
ボクの課題は、皮が破けないよう原形を保つこと。。。
それを最後に三つ折にして、終止符を打つ。
これは、妻の絶妙な焼き加減が大きく左右するから、大変なお願いなのだ。。感謝感謝。
今日もボクは幼少に帰り、もう周りが見えなくなっていた。。。
しかも質が悪いことに、他のおかずも見えなくなる。。。
ひたすら秋刀魚を食べ続けるのだ。

今日も満足な夕飯でした。。。ご馳走様でした。
 

| Home |


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。